10 // 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30. // 12

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

[edit]

trackback: -- | 本文: --

「LifeTouchNOTE」ノススメ 

 さて、今回は移動中に利用している『LifeTouchNOTE』(LT-NA75W1AB)について、オススメしてみたいと思います。
 ただ、この手のものは、結構利用目的がはっきりしていないと、価値が見いだせない事も多いのですよ。
 なので、自分なりの購入目的や実際の使用感などを交えてオススメはしていきますが、随時注意点も記載しておきますので、購入判断は冷静に見定めていただければと思います。


●購入理由
 過去にも軽く書いていますが、復習的な部分も兼ねてまとめておきます。

・会社への移動時間に何らかの文章を書きたい(=ノートPCが欲しかった)
・外出中ある程度保ってくれるバッテリーが良かった(5~6時間)
・購入するならせっかくなのでタブレットPCを検討(Android OSに触れてみたい)
・タッチパネルでのキーボード操作よりは、ちゃんとキーボードもあって欲しかった
・あまり高い価格は出したくない(3万円程度で済ませたかった)

 こんな要件で考えていたところ、ちょうどこの機種を発見したため、購入に至りました。


●購入して良かった点

・動作は基本快適

 主にしたこととしては「文章書き」、「インターネット」、「メール送受信」、「動画閲覧(ニコニコ動画、youtube)」、「音楽を聴く」辺りですが、無線LAN接続故の遅延等除けば、どれも思ったよりさくさく快適に動いています。
 特に、日本語入力をキーボードで出来るというのは自分の中で大きなウェイトを占めていますから、そういう面での操作性も良好です。
 やはり文章を書くなら圧倒的にキーボードの方が早い自分には必需品です。
 キー幅も一部狭い箇所もありますし、B5ノートPCと比較しても若干こじんまりしてますが、手が大きめの自分でもそれほどミスタイプなく押せる幅はあります。


・タッチパネル故の楽さ

 ノートPCのマウスポインタやポインタ移動用パネルって、個人的に使いにくいのですよね。
 特にマウスの微調整的なアクションとか、指をこじんまりとして操作する感じとか。
 また、そのためにマウスを持ち歩くのもかさばりますし、移動中では使いにくいのです。
 そういう意味でタッチパネルで場所をぽんっと指定すればいいというのは、思った以上に操作しやすく感じました。
 また、コピー&ペーストもタッチパネル長押しでメニューを出して、といった感じで操作できますが、これが思っていたより使い勝手が悪くなかったのもあります。
 細かい点ではマウスで操作の方が精度は高いと思いますが、慣れるとそれほど差異なく操作できるんですよね。
 これは思わぬ収穫でした。


・バッテリーが思ったより保つ

 現時点の体感で1時間で15%強程度。
 単純計算で6時間くらいは保ちそうなため、通勤時往復で利用しても十分実用に耐えうる状況です。
 勿論若干バックライトを落としたりはしていますが、音楽+テキスト打ち程度なら充分な時間使えます。
 ちなみにゲームなんかを軽くしたりするともう少し消費が激しい感じですが、それでも一気になくなる、という感じではない気がします。


・思ったより軽い本体

 若干重量を失念していますが、ノートPCとしては充分軽い部類です。
 そのため、鞄に入れて持ち運ぶのが苦じゃないのですよ。
 また、それに比例してコンパクトなので、鞄の中でもそれほど幅を取らないのは大きい要素でした。
 手帳と並べて入れられるのは結構安心です。


●購入してちょっと残念だった点

・タッチパネルが抵抗膜方式

 注文してから気づきましたが、タッチパネルが抵抗膜方式なんですよね。
 静電容量方式のipadなどと違い、その分若干ではありますが反応が鈍いときがあります。(若干遅めでしっかり操作する事をオススメします)
 また、マルチタッチなアクション(例えば指を二本同時にスライドして行うアクション)が出来ない仕様なので、そういう動作を期待していた人はちょっとしょんぼりするかもしれません。(自分はそこまで望んでいなかったので、操作できないことは残念でしたが、現状困ってはいません)

※抵抗膜方式:押した圧力に反応。NINTENDO DSなどと同仕様。
※静電容量方式:タッチした部分の表面電荷の変化をとらえて位置を検出。ipad等タブレットは主にこちら。


・一部キー配列が特殊

 ある程度のサイズに詰め込んでいるキーボード右側なんですが、十字キーがあるせいもあるんでしょうが、キー配列がかなり特殊です。
 特に、通常のノートPCならある右側のshiftキー付近に「ろ(_)」キーがあったり、そのキーと「め(?)」キーの間に十字キーの上があるのは、今でも若干ミスタイプに繋がります。
 特にかな入力派だと厳しい配置じゃないでしょうか。(自分はローマ字派なので影響は少ないですが)
 現在その辺りのキーアサインが変更できるようになってますが、やはり見た目と操作は同じであってほしいと考えると、ちょっと残念な仕様に感じます。


・ディスプレイ部とキーボード部の重量バランスが微妙

 キーボードがあるため、ディスプレイ部を折り畳むタイプなのですが、幅がほぼ同じで、重量もそれほど大差ないのですよね。
 そのため、キーボードと垂直程度の角度では操作に問題がないのですが、ディスプレイをキーボードと鈍角にすると、一気に不安定になります。
 特に、パネルタッチで操作しようと押すと、感圧式なのも相成りディスプレイ側に倒れそうになることもあります。
 そういう意味で、操作時の角度に余裕がないのは少々残念ではありました。


・色々説明不足なマニュアル

 自分は勿論携帯も含めAndroid OSを初めてこれで触れたわけですが、メーカー付属のマニュアルだと、起動の仕方程度の情報までで、そこからの操作についてほぼ触れられていないのですよ。
 まだ自分はパソコン関連の職業柄、調べて設定やらソフト導入などしましたが、流石にそういうことができないとオススメしにくい位のマニュアルでした。


 総じて良い面、悪い面も持ち合わせてはいましたが、自分が残念だと思う点は自分の経験でカバーできたり、実際の使い方上の影響も少なかったので、結果としては高評価となったのがオススメの理由です。
 まあこういう機器って、調べて触って覚えていくのも楽しめる人でないとなかなか使い物にならないところもありますので、そういうのが苦手な方は、Windows系のノートPCなどのほうが使いやすいしオススメではないかと思います。
 個人的にメモや文章書く分には非常にオススメです。
 ちなみに、ニコニコ動画を彼女にこれで見せてあげたら、このレベルで見られるなら欲しい、と話してました(笑)

 ちなみに、機器としてではなく、半分Android OSの仕様として残念な点もありました。
(root権限を取得できないため、プレインストールされたソフトの一部がアンインストールできない、PoEEE認証ができないためフレッツスポットの直接利用不可、Microsoft Office系ファイル編集ソフトなし(閲覧ソフトはあり)、等)
 ただ、そこが出来ないことで使い物にならない、という話でもありませんでしたので、今回の評価からは割愛しています。
 こういった点も許容できるかどうか、も評価基準となるかもしれませんので、購入を検討される場合には一度確認いただいた方がよいかと思います。
(そのうち個人で利用しているソフトについても追記できればと考えております)

【ハード情報】
機種:LifeTouchNOTE(LT-NA75W1AB)
公式サイト:http://121ware.com/lt/?pro=121pro_top_menu
本サイト個人評価:90点(100点中)

関連記事

[edit]

« 08/24のツイートまとめ  |  08/23のツイートまとめ »

コメント

コメントの投稿

Secret

トラックバック

トラックバックURL
→http://marumarunosusume.blog.fc2.com/tb.php/31-8e29e947
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。