10 // 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30. // 12

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

[edit]

trackback: -- | 本文: --

「夢を応援する」ノススメ 

 思い返してみると、若い頃には色々夢がありました。
 自分の場合だと「ゲームのシナリオライターになりたい!」なんて夢を持ち上京しましたが、挫折して今は平凡なサラリーマンになっています。

 夢って非常に叶えるのは大変だったりしますよね。
 並大抵の努力ではないでしょうし、ものによっては先天性の才能を求められる場合もあります。
 そんな夢はたくさんありますが、例えば、皆さんの友達や恋人、家族が「夢を目指したい」とあなたに告白、相談してきたら、あなたはどう答えますか?

 こういう時の意見は、人の経験が大きく影響すると自分は思っています。
 親が子供に堅実で安定した職についてほしい、と思うのも、それだけリスクがあるから、というのを理解しての事がほとんどです。
 また、夢を追ったものの挫折した経験がある人や、相手に才能がない、と感じる人ほど「無理だから諦めた方がいい」と諭す場合が多いと思います。

 ただ、自分も夢を挫折した人ですが、自分はその夢を応援したいタイプです。
 そして、皆さんにも応援する事をオススメしたいです。

 理由はいくつかありますので、以下に挙げてみたいと思います。


●やらぬ後悔よりやって後悔すべき

 最初から諦めさせるということは、その人は何もせず終わるわけです。
 でも、やらなかったことを後悔する事って結構あります。
 それならば、やって後悔する方がいいと自分は思っています。
 自分が望んだ道ですから、やらないで悶々として、結局年を取りできなくなる、なんてよりはよほどすっきりしますからね。
 これは自分もそうでしたが、親にやることをやらせてもらえたから、やらない後悔はありませんでしたし、やってダメだったからと割り切ることもできました。
 だから、やらないよりやるべきです。

 ただ、闇雲に応援するのはよくないとは思います。

 よく「やるだけやってもいいから後悔しないように」なんて話がありますが、これは夢を追い、挫折する時も、後悔はあるし、するとは思います。
 ただ、これは挫折した場合の話で、まだ夢を追いたいと話した段階ではどうなるかはわからないのですよ。
 後悔するかもしれないけれど、その覚悟を持つ位、本気でないと夢ってそう叶えられないと思うのですよ。
 だから、相手にやっても後悔する場合もあるけど、その覚悟を確認して、本人がそこまでの責任を負える確認ができるなら応援してあげると、本人の覚悟も確認できてよいと思います。


●可能性は誰にでもある

 夢を追うという行為は、リスクがつきものなだけでなく、目指す人の素質を見られがちです。
 だから、ダメという人は大抵「あなたじゃ無理」と思いこんでいます。

 でも、本当にそうでしょうか。
 宝くじを引き合いに出すのは変かもしれませんが、宝くじは買わなければ当たりません。
 これは夢も同じで、やらなければ叶わないものです。
 逆をかえせば、やってみたら夢が叶う可能性はあるのです。

 世間で夢を叶えた方の多くは、才能がなかったけど努力してなった人もたくさんいます。
 また、才能はあったが、やっていく中で見いだされた、という人も多いのです。
 つまり、現在がすべてではないのですよ。
 そして、その可能性の芽を摘む事を、自分がすべきではない、と思うのです。


●味方であってほしいのはどちらなのか自分が考える

 自分が夢を追いたいと思ったとき、どちらのタイプを味方にしたいですか。
 それを考えたとき、自分なら夢を応援してくれる人を味方にしたいです。
 この発想は、過去にNBAで有名なバスケット選手、マジック・ジョンソン選手が自伝の本(My life)で言っていた話をネットで読んで、感銘を受けたことに始まります。
 その内容は以下のような話です。


   『君には無理だよ』という人の言うことを、聞いてはいけない
   もし、自分でなにかを成し遂げたかったら
   出来なかった時に他人のせいにしないで
   自分のせいにしなさい
   多くの人が、僕にも君にも「無理だよ」と言った
   彼らは、君に成功してほしくないんだ
   なぜなら、彼らは成功出来なかったから
   途中で諦めてしまったから
   だから、君にもその夢を諦めてほしいんだ
   不幸なひとは、不幸な人を友達にしたいんだ
   決して諦めては駄目だ
   自分のまわりをエネルギーであふれ
   しっかりした考え方を、持っている人でかためなさい
   自分のまわりを野心であふれ
   プラス思考の人でかためなさい
   近くに誰か憧れる人がいたら
   その人に、アドバイスを求めなさい
   君の人生を、考えることが出来るのは君だけだ
   君の夢がなんであれ、それに向かっていくんだ


 ここにある言葉って、すごい大事だと思います。
 結局、夢を叶えたいのは自分であり、他人ではないのです。
 つまり、自分以外の他人の言葉は意見でしかない。
 それであれば、自分に勇気、やる気をくれる人に応援され、夢を目指す気持ちを強く持てる仲間を作り、自分の夢を否定する人から離れることで、夢に近づくことができるんだと言っているわけです。

 確かに人は「否定」されるより「賛同」される方が嬉しいし、強い気持ちを持てますよね。
 自分が夢を叶えたい立場にたった時も、その意識は変わらないと思うのですよ。
 そして、もし相手が夢を叶えたい立場にあったときも、どうしてあげるべきなのか分かるんじゃないかと思うのです。


 改めて言いますが、本当に夢って叶えるのは難しいものです。 
 それだけに、気持ちを強く持ちたくても、弱気になるものです。
 そういう時、あなたは相手を抑え付けますか。それとも力になるよう応援しますか。

 自分はもしそういう人がいたら、迷わず応援してあげたいです。
 皆さんもできれば、そういう人を応援し、力を与えてあげる存在となって欲しいな、と、そう思います。
関連記事

[edit]

« 08/20のツイートまとめ  |  ビンゴ景品 »

コメント

コメントの投稿

Secret

トラックバック

トラックバックURL
→http://marumarunosusume.blog.fc2.com/tb.php/26-1635e28b
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。