11 // 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.31. // 01

「忍道 焔」ノススメ 

 さて、久々に趣味のススメ記事です。
 今回のソフト「忍道 焔」(以下「焔」)は2006年のものですが、忍道2がPS Vitaで発売されるのもありますし、丁度よいかなとも思っています。
 腕慣らしをしたいとか、雰囲気を味わいたい人について、何をオススメし、何がイマイチなのか、書き連ねていきます。

 なお、自分はPS2版の「忍道 戒」(以下「戒」)と本作をプレイしています。
 間に「忍道 匠」(以下「匠」)もありますが、こちらは未プレイのため、主にこの二つを主に色々お話ししていこうと思います。


■操作性:PS2とほぼ同じような動きが可能

 戒の時代から、このゲームは「操作に癖はあるが、慣れると華麗に動き回れる」というのが個人的な印象で、意外にさくさく遊べる操作性、という認識でした。
 これがPS2からPSPに舞台を変えたことで、ボタン数やR3スティックなしがどう影響するか気になっていましたが、結果からいうとかなり安心して操作できました。

 基本はアナログパッドで移動。十時キーで装備アイテム使用。□や○などで攻撃、ジャンプ、ダッシュといったアクション。Lキーで近くの敵のロック+ガード。Rキーでしゃがみ+カメラを背面移動。
 その他、キーとアナログパッドの複合で注視(辺りを見回すモード)や投げ、特殊攻撃などの操作ができます。

 これが、実際操作してみると、ほとんど戒と同じような感覚でプレイできるのですよね。
 実際、大きく違うのは直接カメラ操作ができない(R3スティックに該当するものがない)という点ですが、そもそも戒の時点でそれよりも注視モードの方が利用価値が高く、カメラ視点をがんがん変更しないことや、複合操作もそれほど複雑ではないため、PS2時代とそれほど大差がないのですよね。
 なんで、何年ぶりかのこのシリーズでしたが、さくっと過去の動きを取り戻すことができました。
 実際、慣れれば十分軽快に動けますので、これはかなりよいと思っています。

■システム:省かれたシステムも多いが、遊ぶには十分。ただ、残念な点も。

 戒も焔も、基本的なゲームは、任務を選んでその任務をこなすこと。ということで、同様の流れを想像しやすいのですが、実際はかなりシステム面でカットされたものがあります。

●戒でできたこと
・任務の請負。どの勢力の任務かにより、3勢力の勢力バランスに介入できる。これによりエンディングも変化。
・持ち歩けるアイテムを調合し、威力を強化したり、複数の効果を発動させることが可能。
・キャラ強化はアイテム購入により行える。
・NPCキャラを特定条件で使用可能。
・任務作成機能あり。(これは匠でも可能)
・MAPは場所に合わせて7種類強の広めの箱庭MAP。結構広いので動き甲斐あり。

●焔でできること、できないこと。
・【可】任務の請負。ただし、双六っぽいMAPにて順次任務を選択、進める仕様に。
・【可】NPCキャラを特定条件で使用可能。
・【可】PSPらしく対戦モードを追加。
・【変更】MAPは任務に合わせバリエーションあり。ただし任務作成レベルの若干狭いMAPに。
・【変更】キャラ強化がレベル制に変更。NPCキャラ含めキャラ毎にレベルを持っている。
・【不可】勢力介入概念なし。
・【不可】任務作成機能なし。
・【不可】アイテム調合、自由設定不可。任務事に決められたアイテムを使用可能。


 カットされた内容からすると、言いようとしては「アクションに特化した」ともいえますが、個人的にアイテム調合は色々楽しめた面があったので、カットされたのは少々残念ですね。
 また、勢力介入概念がなくなったことにより、ばれて敵対、というような概念が減ったのは良し悪しでしょうか。
 若干ミッションを強引に進められるようになったという意味で難易度が下がったともいえますし、その分緊張感が落ちたとも言えるかもしれません。
 また、勢力を手玉に取る感がないのはちょっと寂しい感じもします。

 ちなみに、任務の仕様変更によりもうひとつ大きく変わった点としては「任務達成型アクションパズル」の要素が強くなったこと。
 戒の時にもミッションによる敵やアイテムの配置違いはありましたが、クリアの解はひとつではなかったのですよね。

 例えば泥棒任務の脱出ルートは、MAP端に繋がる道であればどこでもOK出したから、自分でどの敵を倒し、どのルートで脱出するかをある程度臨機応変に選べたのですが、今作は脱出すべきポイントがほぼ決まっています。
 複数ある場合もあるのですが、その場合もほぼ、脱出できるルートはひとつで残りは混乱させるためのフェイクであることが多いのですよね。
 そのため、強制的にパズル要素っぽい感じで任務を解く、というミッションが多くなるのは少々疲れました。
 特に牛車護衛、泥棒などにそういった任務が多かったです。

 とはいえ、戒同様に自由に考えて進められる任務も多々ありますし、忍道らしい面は十分残っているので、不満点ばかり、ということはなく、むしろ軽く遊ぶという意味でも十分楽しめました。


■ストーリー:戒の続編扱いだが、おまけ程度と思うべし

 さて、本作は流れとしては戒の続編にあたります。(匠はあくまでミッションエディット中心のゲームですので本筋のストーリーはなし)
 時代としては戒の時代で、戒クリア後のストーリーが展開する、という話なのですが、ここについては語るほどもないほどあっさりしてます。
 やはり、話をテキストでさらっと説明したりしているため、理解はできるもののなんとなく物足りない感じがあります。
 また、話もひとつの大きな話を中核に、という雰囲気ではなかったため、なんとなく「本題ってこれだったの?」みたいな印象を受けるのですよね。
 なので、今回はほんとうにおまけ程度にとらえておいた方がよいと思います。
 ただ、戒をやった人だと思わずにやっとする台詞なんかはあるので、そういうところはなかなか良かったりしますよ。


■総評:アクションとしては楽しめます。ただ、あくまで戒の下位互換と思って購入を。

 結果として、アクションゲームとしては、あっさりめではあるものの十分楽しめる出来ではあると思います。
 ただ、今更ですがPS2ができる方なら、個人的には戒をやれば十分ともいえる内容でもあるのですよね。
 結果として、携帯機で忍道がしたい人、かつアクション特化で問題ない人向け、というゲームかな、と思います。

 ちなみに、結構使用できるNPCは細かいところでキャラ性能が違うので、そういうキャラを使い分けて楽しむのもなかなか面白いですよ。
 自分は何かと用心棒に頼るケースが多かったですが、おかげで(?)かなり快適に遊べた箇所も多かったです。
 何故に忍者より足速いのさ用心棒先生……(笑)


【ソフト情報】
タイトル:忍道 焔
公式サイト:http://www.shinobido.com/
ハード:PSP
本サイト個人評価:75点(100点中)
スポンサーサイト



[edit]

「LifeTouchNOTE」ノススメ 

 さて、今回は移動中に利用している『LifeTouchNOTE』(LT-NA75W1AB)について、オススメしてみたいと思います。
 ただ、この手のものは、結構利用目的がはっきりしていないと、価値が見いだせない事も多いのですよ。
 なので、自分なりの購入目的や実際の使用感などを交えてオススメはしていきますが、随時注意点も記載しておきますので、購入判断は冷静に見定めていただければと思います。


●購入理由
 過去にも軽く書いていますが、復習的な部分も兼ねてまとめておきます。

・会社への移動時間に何らかの文章を書きたい(=ノートPCが欲しかった)
・外出中ある程度保ってくれるバッテリーが良かった(5~6時間)
・購入するならせっかくなのでタブレットPCを検討(Android OSに触れてみたい)
・タッチパネルでのキーボード操作よりは、ちゃんとキーボードもあって欲しかった
・あまり高い価格は出したくない(3万円程度で済ませたかった)

 こんな要件で考えていたところ、ちょうどこの機種を発見したため、購入に至りました。


●購入して良かった点

・動作は基本快適

 主にしたこととしては「文章書き」、「インターネット」、「メール送受信」、「動画閲覧(ニコニコ動画、youtube)」、「音楽を聴く」辺りですが、無線LAN接続故の遅延等除けば、どれも思ったよりさくさく快適に動いています。
 特に、日本語入力をキーボードで出来るというのは自分の中で大きなウェイトを占めていますから、そういう面での操作性も良好です。
 やはり文章を書くなら圧倒的にキーボードの方が早い自分には必需品です。
 キー幅も一部狭い箇所もありますし、B5ノートPCと比較しても若干こじんまりしてますが、手が大きめの自分でもそれほどミスタイプなく押せる幅はあります。


・タッチパネル故の楽さ

 ノートPCのマウスポインタやポインタ移動用パネルって、個人的に使いにくいのですよね。
 特にマウスの微調整的なアクションとか、指をこじんまりとして操作する感じとか。
 また、そのためにマウスを持ち歩くのもかさばりますし、移動中では使いにくいのです。
 そういう意味でタッチパネルで場所をぽんっと指定すればいいというのは、思った以上に操作しやすく感じました。
 また、コピー&ペーストもタッチパネル長押しでメニューを出して、といった感じで操作できますが、これが思っていたより使い勝手が悪くなかったのもあります。
 細かい点ではマウスで操作の方が精度は高いと思いますが、慣れるとそれほど差異なく操作できるんですよね。
 これは思わぬ収穫でした。


・バッテリーが思ったより保つ

 現時点の体感で1時間で15%強程度。
 単純計算で6時間くらいは保ちそうなため、通勤時往復で利用しても十分実用に耐えうる状況です。
 勿論若干バックライトを落としたりはしていますが、音楽+テキスト打ち程度なら充分な時間使えます。
 ちなみにゲームなんかを軽くしたりするともう少し消費が激しい感じですが、それでも一気になくなる、という感じではない気がします。


・思ったより軽い本体

 若干重量を失念していますが、ノートPCとしては充分軽い部類です。
 そのため、鞄に入れて持ち運ぶのが苦じゃないのですよ。
 また、それに比例してコンパクトなので、鞄の中でもそれほど幅を取らないのは大きい要素でした。
 手帳と並べて入れられるのは結構安心です。


●購入してちょっと残念だった点

・タッチパネルが抵抗膜方式

 注文してから気づきましたが、タッチパネルが抵抗膜方式なんですよね。
 静電容量方式のipadなどと違い、その分若干ではありますが反応が鈍いときがあります。(若干遅めでしっかり操作する事をオススメします)
 また、マルチタッチなアクション(例えば指を二本同時にスライドして行うアクション)が出来ない仕様なので、そういう動作を期待していた人はちょっとしょんぼりするかもしれません。(自分はそこまで望んでいなかったので、操作できないことは残念でしたが、現状困ってはいません)

※抵抗膜方式:押した圧力に反応。NINTENDO DSなどと同仕様。
※静電容量方式:タッチした部分の表面電荷の変化をとらえて位置を検出。ipad等タブレットは主にこちら。


・一部キー配列が特殊

 ある程度のサイズに詰め込んでいるキーボード右側なんですが、十字キーがあるせいもあるんでしょうが、キー配列がかなり特殊です。
 特に、通常のノートPCならある右側のshiftキー付近に「ろ(_)」キーがあったり、そのキーと「め(?)」キーの間に十字キーの上があるのは、今でも若干ミスタイプに繋がります。
 特にかな入力派だと厳しい配置じゃないでしょうか。(自分はローマ字派なので影響は少ないですが)
 現在その辺りのキーアサインが変更できるようになってますが、やはり見た目と操作は同じであってほしいと考えると、ちょっと残念な仕様に感じます。


・ディスプレイ部とキーボード部の重量バランスが微妙

 キーボードがあるため、ディスプレイ部を折り畳むタイプなのですが、幅がほぼ同じで、重量もそれほど大差ないのですよね。
 そのため、キーボードと垂直程度の角度では操作に問題がないのですが、ディスプレイをキーボードと鈍角にすると、一気に不安定になります。
 特に、パネルタッチで操作しようと押すと、感圧式なのも相成りディスプレイ側に倒れそうになることもあります。
 そういう意味で、操作時の角度に余裕がないのは少々残念ではありました。


・色々説明不足なマニュアル

 自分は勿論携帯も含めAndroid OSを初めてこれで触れたわけですが、メーカー付属のマニュアルだと、起動の仕方程度の情報までで、そこからの操作についてほぼ触れられていないのですよ。
 まだ自分はパソコン関連の職業柄、調べて設定やらソフト導入などしましたが、流石にそういうことができないとオススメしにくい位のマニュアルでした。


 総じて良い面、悪い面も持ち合わせてはいましたが、自分が残念だと思う点は自分の経験でカバーできたり、実際の使い方上の影響も少なかったので、結果としては高評価となったのがオススメの理由です。
 まあこういう機器って、調べて触って覚えていくのも楽しめる人でないとなかなか使い物にならないところもありますので、そういうのが苦手な方は、Windows系のノートPCなどのほうが使いやすいしオススメではないかと思います。
 個人的にメモや文章書く分には非常にオススメです。
 ちなみに、ニコニコ動画を彼女にこれで見せてあげたら、このレベルで見られるなら欲しい、と話してました(笑)

 ちなみに、機器としてではなく、半分Android OSの仕様として残念な点もありました。
(root権限を取得できないため、プレインストールされたソフトの一部がアンインストールできない、PoEEE認証ができないためフレッツスポットの直接利用不可、Microsoft Office系ファイル編集ソフトなし(閲覧ソフトはあり)、等)
 ただ、そこが出来ないことで使い物にならない、という話でもありませんでしたので、今回の評価からは割愛しています。
 こういった点も許容できるかどうか、も評価基準となるかもしれませんので、購入を検討される場合には一度確認いただいた方がよいかと思います。
(そのうち個人で利用しているソフトについても追記できればと考えております)

【ハード情報】
機種:LifeTouchNOTE(LT-NA75W1AB)
公式サイト:http://121ware.com/lt/?pro=121pro_top_menu
本サイト個人評価:90点(100点中)

[edit]

「さかつく7」ノススメ 

 さて、せっかくのオススメ記事ですし、たまには旬(?)な物でもオススメしようかなと思います。
 ただし、今回は「趣味」カテゴリーらしい隔たった内容ですのでご了承を(汗)

 今回は「J.LEAGUE プロサッカークラブをつくろう!7 EURO PLUS 」(以下さかつく7)のご紹介です。
 タイトルの通り、サッカーチームを経営、運営していくゲームなわけですが、過去のシリーズからなんだかんだでプレイしていた自分は今回もプレイしております。
 前作さかつく6をベースとしておりますが、細かい点で変更箇所が色々ある本作。
 個人的にオススメするにあたり、評価、判断すべき点として、どのような点を評価したかをまずは簡単にご説明していきたいと思います。
 なお、挙げる内容以外にも細かい評価すべきところもありますが、今回は特に大きく感じたところピックアップしておきます。


■1.個人的に好評な点

●携帯ゲーム機らしい快適さ
 過去作から「選手の育成」であるとか、「ロード時間」であるとか、色々手間や時間がかかることも多かったこのシリーズですが、今作はPSPでプレイでき、しかもメディアインストールが可能というところもあり、意外にさくさくと進めることができます。
 育成面も昔のコンシューマ機ほどの細かさはないため、お手軽感はあります。
 自分はUMD+メディアインストールですが、ロードは若干あるものの、それほど大きな不満はありません。
 こういうゲームはさくさく進むほど、のめりこみやすいんですよね。
 なので、今作は今まで以上に「あと1ヶ月、あと1年」を進めてしまう事が多かったです(笑)

●選手の成長、衰退バランスがとりやすいバランス&システム
 過去のシリーズは基本的に選手が衰え出すと一気に選手として使いにくくなる早さで衰退していました。
 そのため、早熟な選手はほぼ見ずに、晩成型の長く使える選手ばかりが輝くシステムでしたが、今作はその衰え方が緩やかになり、世代交代を含め非常にやりやすくなりました。
 また、「秘蔵っ子」システムというのがありますが、特定の選手を秘蔵っ子にすることで、早くに成長が最盛期を迎えてしまっても、再度成長し出したりする事もあり、好きな選手を長く使う、なんてこともしやすくなっています。
 これはある意味大きなプラスでした。

●新たな監督の成長、チーム移籍のシステム
 今までのシリーズは基本的に、監督は皆同じだったわけですが、今回は成長に伴い特徴を取る事で、運営や経営にプラスになるスキルの取得が取れるようになりました。
 これにより、施設やコーチ、スカウトだけに囚われない運営、経営が可能となりました。
 特に、スキルの中にはチーム運営、経営を楽に出来る物も多く、そういった成長により、チームを今まで以上に運営、経営しやすくなったりする、というのは魅力的な要素でした。
 また、自分はオリジナルチームが愛着があるので当面しないことではありますが、監督として他チームへの移籍や解雇が起こることで、新たな気持ちでプレイしなおす、といったところも経験できるのはいいと思います。
 特に今作は海外チームを運営、経営できるという事もあり、架空選手が多いとはいえ、ヨーロッパで好きな海外選手だけを集めてプレイ、なんてのもできますので、これはファンには嬉しいと思います。


■2.個人的に不評な点

●試合周りの演出

 試合周りは携帯機故に簡略されているのは止む無しなのですが、やはり実況がないのはちょっと寂しいです。
 が、それより残念なのは、「演出が微妙かつキャンセルできない」ことと、「ゴール表示が早すぎる」こと。
 演出のキャンセルについては、早送りはできるのですが、ある程度演出を見慣れたら、飛ばしたいと思うようになります。
 自分の場合、指示を設定しておまかせで結果を見るのはあまり好きではなく、選手交代なんかは自分でしたいため試合を見ているのですが、ゴールシーンまでの流れとかが、意外に不自然に見えるシーンが多いのですよね。
 しかも、ゴールはゴールラインを越えた瞬間でているので「これは決まってしまった!?」的な余韻がない。
 これは少々残念な仕様でした。
 また、演出の早送りはいいのですが、優勝時の演出まで早送りされる仕様は流石にちょっと焦りました(汗)

●秘書の報告が劣化

 今作も今まで同様、秘書がその週に何かあれば報告してくれるのですが、その表示が今までより劣っている(はしょられている)のが気になりました。
 例えば「今週からインターナショナルカップ」という話で、我がチームから誰が選出されたかのリスト。
 過去作では所属外国人選手もちゃんとリストにあったのですが、今作は日本人だけしか表示されていないんですよね。
 報告を見て「3人ならまあいいか」と思っていたら、試合開始前に更に外国人二人がいない、なんてことがあって驚きました。

 また、アジアクラブチャンピオンシップ出場が決まった年ですが、J1は4位、ナビスコカップ準優勝、ニューイヤーカップはベスト16でした。
 ニューイヤーカップでは出場資格を満たしていないのですが、大会終了時の結果報告で「この結果、アジアチャンピオンリーグ出場が決定しました!」と言われ驚きました。(J1かナビスコかで満たしたってことなのでしょう)
 なんとなくこういった細かいところで痒いところに手が届いていないのが非常に残念に思いました。

●監督向けミッション設定

 各操作方法、システムの説明を読んでもらうための仕様なのでしょうが、各ミッションを設定しないと成功にならない、という仕様が結構厳しかったです。
 何度か途中キャンセルしたり、設定忘れたりでミッション達成できない場合がありました。
 外部キャラの件なんて、一人しか獲得できないのもあり達成は当面先になってますし(汗)


 ……と、良い点悪い点を色々あげてみましたが、個人的には総じて評価はよく、今までのさかつくの中でもある意味一番遊びやすくなっているのではないかと思います。
 オリジナルチームで始めたため資金難になるかと思いましたが、意外に最初からチームにいた選手は要求年俸があがりにくかったり、不満解消や金額交渉を有利に進める監督スキルの存在など、難易度も高いようでいて、根気があれば十分運営できる状態にもできていますしね。

 お手軽にさかつくシリーズをしたい、というのであれば、間違いなくオススメの一本です。
 興味があれば是非購入を!!


【ソフト情報】
タイトル:J.LEAGUE プロサッカークラブをつくろう!7 EURO PLUS
公式サイト:http://www.sakatsuku.com/7/
ハード:PSP
本サイト個人評価:85点(100点中)

※以下折りたたみ記事は序盤(J2レベルですが)の攻略記事となります。
 ネタバレを含みますので読みたい方のみご覧ください。
 あまり密度は濃くないので予めご了承を(汗)
-- 続きを読む --

[edit]